無音のサラリーマンブログ

突然、耳からの音が聞こえなくなった、突発性難聴だと診断され、現在、両側の聴力がほとんど無しで生活している、今はとりあえず会社に行っているが、完全に孤立状態が続いている

ブログで自分が発信する理由

 

f:id:dorieru36:20171107152735j:plain

自分が

この、耳の聞こえない状態におちいり

精神的に、肉体的にも、かなりダメージがあり

自分は大丈夫、大丈夫と言い聞かせ

それでも、かなり、しんどく、

毎日の生活が、ある意味、地獄のような気がして

なんで、自分がと言い聞かせても

しょうがなく、それでも、何とかしたくて

考えてみるが、どれも、なにも、

ただただ、進行していくだけ、

これ、もう、この状況、ダメだと

諦めかけていた!

町医者の薦めで大学病院に通院し始めて

状況が変わった

 

世の中、同じ症状の人がいる

進行形難聴」遺伝的な事

遺伝子検査60%でも結局原因はわからなかったが

自分は「生まれた時から遺伝子的に中途で音が失う遺伝子が気見込まれている」

 

そう、人生の途中から「中途失聴」になる

という事

 

自分はたまたま、40歳後半で、

他の人は、1歳の赤ちゃんや10代20代30代の人もいる、

当然、80代90代の人もいた。

もしかしたら、

「年を取ると耳が遠くなる」

この症状は、誰でも遺伝子的に持っているじゃないのか

たまたま、自分は、40代からなっていくタイプの遺伝子なんじゃないのか

始めは、健常者と同じ、両耳がふつうに聞こえるレベル

その後、遺伝子影響で、どんどん聞こえなくなる

中途失聴者」

医者の説明やサイトやブログでいろいろ見たが

世界中に、それも有名な人や、いろんな人がなっている

ベートーベンやバッハ、ピカソや、

もしかしたら「中途失聴者」だと

 

自分の聞こえなくなった症状をブログで載せる事により

同じような症状になってきた方には

言いたいし

早く、認識して

自分がなぜ、聞こえが悪くなったか

原因はどの部分か、

早く調べて、状態を改善してほしい

自分の事であるが

聴力の核である、三半規管の蝸牛の神経は

デリケートであるので、毎日のケアさえすると

※ケア(耳の周りを温める、マッサージをする、耳を休ませる

進行を遅らせる事ができる

この事を、わかってほしい

今の自分の状態になってから普段の生活や会社へ行ってほしくない

はっきり言いいたい

「他人と会話でコミニケーションを取れないという事は

人生最大の危機的状況におちいる」

どのような、危機的状況だと説明するが

これは、あとで、アップしたいと思う

ちょっと、つかれてしまった!

 

 

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 編集 削除